いろはにほへと

時間を無駄にしたい人にオススメなブログ

小学校の頃の話 前編

昔の話

主な登場人物
・僕(主人公)
・お兄さん(先輩)

僕(多分当時3、4年生)
それは放課後の清掃時間でした。
僕が通っていた小学校は当時、1年生から6年生が1人ずつ入った班を作り掃除を行うという仕組みでちた。
いつも通りの放課後。階段の踊り場をホウキで掃いていると、この踊り場の上を掃除しているお兄さん(たぶん6年生)に突然話しかけられまちた。

お兄さん「最近なんのゲームやってんの?」

不意打ちでした。

僕「えっ(2秒で考えろ!!この場を乗り切る最善の方法を!!!!最近やってるのは牧場物語キラキラ太陽と仲間たちだけどこんなのお兄さんにいったらキモいとか言われそうだしそもそもこのゲーム知ってるのか微妙だしやべえ気まずい沈黙になってしまう!!!とりあえずなんか喋らねえと!!!もういいわ言ってやるわ牧場物語やってるって言ってやるわ)」

僕「牧場物語です。」

お兄さん「へー。俺もやってるわ」

僕「へーそうなんですか。」

3分後

僕「やっとさっきお兄さんが言ってたこと理解できた。俺もやってる???は?牧場物語を??いや突っ込むところありすぎてどうしようとりあえずお兄さんはお兄さんなのに牧場物語やってんの?えキモ 正直ひいた。結構イケメンなイメージあったのに一瞬でキモオタのイメージ定着したわ。 そしてなんでほぼタイムラグ無しで俺もやってるって言えたん???!!?まるで僕が言おうとしてたことが分かっていたようじゃァないか」
僕「と、ここまで全部心の声です」

お兄さん「リリー可愛いよね」

僕「(あダメだこのお兄さん。ただのキモオタだ。というか俺と好きなキャラ被ってんじゃねえかリリーは渡さねえからな!!!)」
僕「(まあ夜に海辺行ったらイベント発生してTOKIO(鉄腕ダッシュの姿)みたいなやつとリリーが付き合うイベント勝手に始まって詰んだんだけどな!死ね!)」

僕「あっ…そうですね。 そういえばお金ってどうやって稼いでますか? 全然貯まんなくて葉っぱ食べる生活続いているんですけど」

お兄さん「あー改造して金無限にしたわ」

僕「(しかも改造厨かよ!)えっ、改造ですか??」

お兄「あっじゃあ今週の土曜日君のもしてあげる?」

僕「え、いいんですか!」
僕「(えーまじか改造にはあんま手を染めたくないけど…いや待てよ?友達とかに毎日改造しまくってるwwwとか言えばスゲー!とか一目置かれるのでは?!?)」
僕「じゃあお願いします」

お兄さん「じゃあ学校に朝の9時に来て」

僕「はい」
━━━━━━
━━━━
━━

僕「いやーこれでぼくも億万長者だぜ!」

僕「しかしついこの間店舗に無くて注文までして買った攻略本が意味無くなったなあ 折角浮かばせた島で田んぼで米作って1年間にウン万稼ぐプラン立ててたのに」

僕「いやそもそもお兄さんが学校に来るのか?」

僕「あんま重い約束って感じじゃなかったしあんま人助けしなさそうな顔だし」
僕(誰にも言えないけど1番不安な理由は友達と学校で集合する約束今まで全部相手来なかったんだよなぁ…)

僕「まあ行ってみるだけ行ってみるか、、、」

後編に続く!!!!!、ー、!