いろはにほへと

時間を無駄にしたい人にオススメなブログ

交流回路 ~正弦波交流~ ① 初心者向け

とりあえず覚えておくところ

交流→
電流や電圧の大きさや方向が、周期的に変わること

周期(T)→
1つの変化(山と谷1セット)に要する時間:s

周波数(f)→
周期が1秒間に何回繰り返されるか:Hz

弧度法→単位:rad π(rad)=180°

瞬時値(e,i)→
交流V,Aのうちのそれぞれその時の時刻の値

最大値(Em,Im)→
その波形のうちの最大の値

平均値(Ea,Ia)→
半周期の波形と同じ面積になるような長方形の高さの値

実効値(E,I)→
直流と同じ熱量の仕事をする交流の値

平均値
Ea=2Em/π : Ia=2Im/π

実効値
E=Em/√2 : I=Im/√2

角周波数(ω)→
コイルが磁界中を回っている時、1秒間に回転する角度 単位:rad/s

回転した角度をθとすると
θ=ω*t となる

※ ω=2πf

ωはオメガとよむのだ!
顔文字専用記号じゃないよ!

確認クイズ!